· 

日常の食材で花粉症が治りました!

こんにちは。

2月も下旬に差し掛かってきました。

 

最近「花粉症の症状が辛い」という声を周囲で聞くようになりました。

私も本当に本当に長いこと花粉症の辛さを経験してきました。

 

ところがここ数年で感じるのですが「花粉症が治ってきた」のです。

今年、花粉が多いと言われる中「全然平気」になりました。

 

それは、あるものを飲み続けたことが効果を発揮したのでは?と思っています。

それをみなさんにお知らせしたく、ここブログに書きます。

 

私は小学生の頃に花粉症を発症し

ある時、大学病院に行ってアレルギーテストをして、はっきり「アレルギー原はスギ花粉」と判明しました。

 

高校の修学旅行は京都奈良コースでしたが花粉症の辛い思い出しかなく、

高校時代は学校へボックスティッシュを持参し、鼻をかみすぎて鼻周りが痛くなると、よりソフトなティッシュを求めて過ごし、

大学受験の際には、鼻が詰まって勉強に集中しづらく「どうして大学受験は花粉症の時期なのか」と恨めしく思った記憶が蘇るほどです。

 

当時、花粉症は10人に1人という割合だったので(今はもっと増えていますね)なかなか花粉症の辛さを周囲の人に理解してもらえず、春のお花見も苦々しい思い出が沢山です。

 

昔の薬は飲むとぼーっと眠くなるものが多くて飲むのをためらうこともよくありました。確か高校生の頃「ブロック注射を受けると良いのでは」と大学病院に行って首に注射を打ってもらったりもしました。

甜茶が良いと聞けば飲み、漢方も良いと聞けば飲み、あれこれ試しましたが

どれもその場で少し楽になったとしても、花粉症を根本から治してくれるものには全く出会えませんでした。

 

それでも大人になった頃には良い薬が出てくるようになって、眠くならずに花粉症の症状を抑えてくれるようになったのは画期的でした。

「眠くならずに効果がある薬が出てきて良い時代になった。昔よりだいぶ楽に

過ごせるようになった」と思っていたものでした。

 

そんな長い長い花粉症との付き合いでしたが

2〜3年前から徐々に症状が軽くなってきて、薬を飲まずマスクもせずに過ごせるようになってきました。

 

そして周囲から「今年は花粉の量が多くて辛い」と聞こえてくる今年も

「全然平気」になりました。治ったみたいです!

 

何が功を奏したのか???

 

それは「毎朝作っているレッドスムージー」です。

かれこれ8年ほど毎朝作っています。(作らないのは旅行に出た時くらいです)

 

作り始めたきっかけについて少し書きます。

私は以前、月刊美容誌のライターをしていました。

その美容誌の編集部で同僚から「グリーンスムージーを飲んでいると

お肌の調子が良いらしい」と聞いたのがきっかけです。

(編集部は、美容や健康についての情報が飛び交う刺激的なところでした)

 

それに加えて、実はその前から個人的に石原結實先生の『「体を温める」と病気は必ず治る』という本で

(石原先生は個人的に知り合いでもなんでもありません)

「どんな病気も体を温めることが大事」「りんごとにんじんジュースが体に良い」という情報を読んでいたので、

両方の情報が私の頭の中で多分「カチッ」とハマったのだと思います。

 

それから、グリーンスムージーならぬ「レッドスムージー」を

作るようになりました。

 

巷ではジュースを作るなら低速ジューサーの方が栄養を壊さず良い、と

言われていましたが、低速ジューサーは当時値段も高かったですし、

私は「気楽に作らなければ続かない」と思ったので

数千円で買えるミキサーで作り始めました。

(今でも使っているミキサーの写真、下にあります)

 

ポイントは、ミキサーをイチイチ棚の中にしまわないこと

(しまったら取り出すのが面倒くさくなるからです)

使い終わったらすぐに洗い、毎朝使う前には必ず熱湯を入れて少し回して

熱湯消毒をする、という方式で面倒なく使えるようにしています。

 

 

入れる材料ですが、先ほど書いたようにりんごとにんじんは

必ず入れるようにしました。

あとは、2つだけだと味が飽きてしまうかな、と思い

その季節季節の旬のものを入れるようにしました。

 

ちなみに今朝は、りんご、にんじん、いちご、みかん、で作りました。

 

他季節によってバナナ、キュウイ、イチジク、ぶどう、もも、ブルーベリー、はっさく、なし、、、などなど旬のものを入れます。

時に青汁の元を入れたり、、トマト、キャベツを入れたり、

あと忘れちゃいけないのが甘酒を一口入れることが多いです。

甘酒は発酵食品で体に良いので、よりパワーアップする感じです。

米麹から作られた甘酒を好んで入れています。

 

そのような内容のものを軽い気持ちで作り始めました。

きっと作り始めた当初、美味しかったんだと思います。

そして、時に人から「お肌が綺麗ね」と言われたり、また便秘に悩まされることもなくなり(以前は便秘気味でした)

良いことも重なったのか、作ることが習慣化されました。

 

レッドスムージーを作り始めてからの花粉症時期の経過

 

1年目 「あれ、今年は花粉が少ないかな」完全に症状がなくなったわけではない。辛い時は薬も飲む。

 

2年目  「あれ、今年は症状が軽くなったかも」まだ症状が時に出る。使用頻度は少なくなりつつも、辛い時はたまーに薬を飲む

 

3年目以降 「あれ、治ったかも!」と思うことが多くなる。

このあたりから薬もほぼ飲まずに楽に過ごせるようになる。

花粉の量が多いと言われる今年、レッドスムージーを作り始めて8年目ですが

「全く症状を感じなくなった」になりました。

薬もここ数年は全くお世話になっていません。

一緒に住んでいる家族に「本当に長いこと花粉症の症状で苦しんだのが嘘のよう」と言えるようになりました。

一緒に住んでいる家族も、花粉症の発症者は今の所いません。

 

私は専門家では全くないので、想像でしかないのですが

なぜレッドスムージーが花粉症を治したか、を想像してみました。

 

生の野菜やフルーツを摂ることで酵素を摂れた

またそれら普通に食すよりもミキサーにかける事で消化しやすくなった

それが腸に良い影響を及ぼした

アレルギーは、何かしら腸の状況に関係があって治る方向に向かった

 

あくまで想像ですが、レッドスムージーが花粉症に何かしら良い影響を与えたのは間違いないと思っています。

 

花粉症の症状で悩んでいる方には是非ともレッドスムージー作りに

トライしていただきたいと思っています。

一朝一夕では効果がすぐに出ないので時間がかかるのは否めませんが

それでもいずれ花粉症の症状が軽くなるので試す価値はあると思います。

 

そして花粉症のことだけでなく、お肌や健康にも良いことは間違いありません。

よかったら是非とも試してみてください。

習慣化されると作るのも苦では無くなります!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

すぐに使えるように我が家のキッチンの片隅に常に鎮座しているミキサー

毎朝、結構たっぷり作って飲んでいます。